Blog ブログ

Blog ブログ

2018年09月11日 ブログ

思い出の場所でのセレモニー


 

こんにちは。

松江店より長岡です^^

 

早速ではありますが、本日はお客様のご紹介を

先日結婚指輪のお受取りにお越し頂きました、

 

 

千夏さん・太朗さん

 

おふたりのご紹介を

上の写真を見てお分かりいただけるように、

ATSUTA店内ではなく外で撮影をしていただきました!

 

というのも、お二人がお選びいただいた結婚指輪は

 

↑ クリックをしてブランドサイトへ ↑

 

何度もBlogにて紹介をさせていただいてきましたが、

伝統工芸技法‟木目金”にてひとつひとつの木目模様をつくり出す

「杢目金屋」の結婚指輪。

 

二人が同じ素材にて作製の場合は、上の写真のように一つの指輪から

二つの指輪を作製する‟つながるカタチ”という方法でお作りができるのです

 

 

太朗さん、千夏さんが初めてATSUTAへご来店いただいたとき、

「結婚指輪探しのためいろいろなお店で試着をしてみたものの、

自分達にしっくりくる指輪がなかった。」と少し悲しそうなお顔で

今のお二人のお気持ちをお聞かせくださいました。

 

そこで、以前インターネットで気になっておられた杢目金屋の

結婚指輪をご試着いただくと、

先程までの表情とは違いお二人には満面の笑みが

そんなお二人の反応から、「ついに出会うべき指輪と出逢っていただけた!」と

私自身とても嬉しく、杢目金屋の作りの話、金属の話、江戸時代からの成り立ちなど

ついついマニアックなお話まで(笑)、三人でわくわくしながら

いろいろなお話しをさせていただいたあの瞬間を今も鮮明に覚えています。

 

 

そしておふたりの気持ちは杢目金屋の結婚指輪に決まり、

・模様が存分に楽しめる金属の組み合わせであること

・表面に宝石などは入れないこと

・つながるカタチで作製すること

・痕跡を残すこと

・リング幅はひとつの板からできる目一杯の合計9㎜の幅にすること

 

これも良いね!この感じもかっこいい!など

毎回の打ち合わせのたびお二人の楽しそうな声や

結婚指輪へのこだわりのお気持ちが伝わり、その想いに私もしっかり応えたい!と

杢目金屋の担当者と何度も電話で細かな確認をしていました

 

 

 

そして、こだわりの‟つながるカタチ”のセレモニーは

お二人との会話のなかで何度か出ていた思い出深い場所ですることに。

 

 

そうです!最初の写真にも写っている神社にて。

8月の晴天に恵まれた日に、汗だくになりながら撮影も今思えばいい思い出ですね

 

 

この瞬間しかない指輪を撮り逃しが無いように裏側は必死です(笑)

 

そして、特別に神社のなかに入らせていただいて、

おふたりの手で、そして大切な方々に見守られながらセレモニーは始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

セレモニー当日は、残念ながら私は同席できませんでしたが、

後日、写真を見ながら「この時こうだったんです!」と

お二人の思い出話を聞きながら、その場にいたような幸せな気持ちになりました

 

実は店外でのセレモニーはお二人からの提案で、

ATSUTAでは初めての挑戦でした。

なので当日は、「うまくできたかなぁ」と少し不安になりながらも、

その後のお二人のお話しを聞いてると、本当に良かったと思えました

 

 

前とある方より、「アイディアはお客様から生まれる。」という

言葉を教えていただいたのですが、

まさにその通りだと実感した瞬間でもありました。

 

 

 

と、まだまだ伝えたいことが多いので、本日はここまでにします!

また次回はその後、完成した結婚指輪と

お受取り後のおふたりのお気持ちをご紹介しますねぜひお楽しみに

 

 

本日も通常通り~19:30まで営業しております。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

 

※お知らせ

臨時店休日について

kei-08

土日や祝日のご来店になる場合、店内が混雑する事が多い為

ご来店予約をされるのがおすすめです⇓

来店予約フォーム

ご来店直前の予約は、お電話から頂けると確実です^^

松江店0852-67-2270

米子店0859-30-2714

 

ご予約お待ちしております!